ホーム > NEWS

NEWS

CanonEOS.jpドメイン売却のご案内

  • 2016/06/21 (火) 20:08
  • NEWS

CanonEOS.jpドメインの売却を考えています。
ご興味がございましたら下記コンタクトフォームよりご連絡下さい。

お名前※必須

メールアドレス※必須

題名

メッセージ

移転します。

  • 2013/06/17 (月) 20:06
  • NEWS

Last Shot .jpはじめました。

  • コメントできません: 0

6Dを見に行ってきた。

  • 2012/11/29 (木) 21:06
  • NEWS

EOS 6D

遅ればせながら6Dを見に行ってきました。
触ってまずシャッター音がとても静かなことに驚きました。いままで静かだと思っていた5D Mark IIIのシャッター音が大きく感じるほど静かで、静音撮影モードになっているんじゃないかと思ったくらいです。(静音撮影モードでは更に小さくなります)
静音撮影モードはレリーズタイムラグが長くなってしまいますので、通常の撮影モードでシャッター音が小さいというのは良いかもしれません。

5D Mark IIIとの比較

メリット

  • 小型軽量
  • 低輝度限界EV-3のAF
  • 無線LAN機能、GPS機能内蔵
  • ファインダースクリーン交換可能
  • シャッター音が小さい(メリットに感じるかは好みや用途によるかもしれません。)

デメリット

  • AF測距点が少ない
  • ファインダー視野率が約97%
  • SSが1/4000まで
  • ファインダー内水準器が縦位置撮影時に表示できない
  • 動画機能や作画機能が劣る
  • 操作性が劣る

記録媒体がSDカードのみなので、高速に転送できるPC環境が整っているかどうかも非常に重要です。
自宅では高精細なディスプレイとSDXCカードスロットを搭載したMacBook Pro Retinaディスプレイモデルで現像、外ではiPhoneやiPadにWi-Fi転送してリモート撮影や写真のチェック。
これが6Dの理想的な撮影スタイルかもしれません。

非常に軽量で、グリップ部も握り心地が良いので実際に触れると欲しくなる機種です。
6Dは本来の5Dシリーズにとても近い印象を受けました。むしろ5D Mark IIIより5Dシリーズらしい印象で、最新の機能を搭載し、小型軽量になって帰ってきた5Dといった感じです。
APS-C機からのステップアップだけではなく、5Dや5D Mark IIからの買い替えもオススメです。

Lightroom 4.2でEF40mm F2.8 STMのレンズプロファイルが追加!

  • 2012/10/04 (木) 1:20
  • NEWS

昨日アップデートされたLightroom 4.2でEF40mm F2.8 STMのレンズプロファイルが追加されました。
これでワンクリックで「ゆがみ」や「周辺光量落ち」が補正可能になります。

EF40mm F2.8 STMは開放付近で周辺光量落ちがあります。
周辺光量落ちが特に目立っていた2枚の写真を補正します。補正量はゆがみ、周辺光量ともに100です。

周辺光量落ちが改善され、自然な写真になりました。

Canon EOS .jp 始動!

  • 2012/05/05 (土) 19:25
  • NEWS

Canon EOS .jp始動です。
5D Mark IIIの抜群の完成度の高さが当サイトを始動させました。
当サイトも5D Mark IIIに負けないくらい良いサイトにできたらなと思っています。
少し忙しく、頻繁に更新できないかもしれませんが、今後ともよろしくお願い致します。

ホーム > NEWS

検索
リンク

このページの先頭へ戻る